妊娠中はマタニティブルーに注意が必要!

新しい命を授かって、幸せいっぱいのはずのマタニティ生活。でも何故か気分が落ち込んでしまう……。もしかしたら、それは、マタニティブルーかもしれません。妊娠中に陥りやすいマタニティブルーの症状や原因について、詳しく見ていきましょう!
MENU

妊娠中はマタニティブルーに注意が必要!

マタニティーブルーって実際どんなもの?

マタニティーブルーとは、一般的には産後の女性が陥りやすい精神状態を指します。
出産を境にホルモンバランスが急激に変化し、それが自律神経に影響して、感情が不安定になる状態をマタニティーブルーと呼びます。
しかし、マタニティーブルーは産後だけでなく、妊娠中に起きる場合もあります。
急に涙が出てきたり、イライラして家族に当たってしまったり、理由もなく不安になったり……。そんな症状も、広い意味ではマタニティーブルーと捉えてよいのではないかと思います。
マタニティーブルーになると、自分でも感情のコントロールが出来なくなって、一層思い悩んでしまう人も少なくありません。
特に、マジメで思いつめる性格の人ほど、マタニティーブルーやうつのような状態に陥りやすいと言われています。
自分の精神状態がいつもとはどこか違うなと感じたら、早めに周囲に相談したり、心療内科を受診するなどの対応が必要です。

 

マタニティーブルーの原因

マタニティーブルーの原因は、前述したように、ホルモンバランスの急激な変化によって起きます。妊娠中や出産直後はホルモンのバランスが通常とは異なるため、誰でも多かれ少なかれ感情が不安定になりがちです。出産経験のある女性なら、ちょっとしたことで涙が出たり、誰かの言葉に傷ついてしまったり……という経験をしたことのある人も多いと思います。マタニティーブルーは特別な症状ではなく、誰にでも起こる可能性のある、ありふれた状態なのです。

 

また、つわりで思うように体が動かなかったり、産後の育児に追われたりする生活が原因で、マタニティーブルーになってしまう人も少なくありません。私もつわりで2か月近く寝込んだ経験がありますが、あの状態はもう二度と味わいたくないと思うほど辛い期間でした。さらに、産後の昼も夜もない生活は、新米ママの精神を疲弊させるには十分な大変さがあると思います。このように、妊娠・出産にはマタニティーブルーを発症する要素がたくさん存在しているのです。

 

マタニティーブルーを解消するには?

マタニティーブルーを解消するには、周囲の協力や気分転換が必要不可欠です。
つわりで家事ができない時や、育児で手いっぱいの時は、夫や家族に協力を仰ぎましょう。自分一人で何もかもやらなくては!と思いつめると、マタニティーブルーを悪化させる原因になります。
また、気の合う友人やママ友とランチに出かけたり、悩みを聞いてもらったりするのも、マタニティーブルーの解消には効果的です。自分なりに時間を見つけて、適度に気分転換をするように心がければ、時間の経過と共にマタニティーブルーも自然と治まっていくのではないかと思います。

 

また、あなたも愛飲してきたと思いますが、葉酸サプリにもマタニティブルーを防止する効果が期待できます。
葉酸サプリは、妊娠前から出産後まで飲み続けるのがおすすめです!

 

どの葉酸サプリがおすすめかと言いますとララリパブリックです!
ララリパブリックの口コミは、すごく評判でコスパも抜群のため人気の葉酸サプリなのです。

 

このページの先頭へ